Go言語でピクセル補完的なプログラムを書いてみる その5

ここまでPlaygroundのみで動くものを提示してきましたが、ローカル環境で動いて画像をファイルに出力するものも提示していきます。 Playgroundのものは今まで通りで、ブログにはローカルでコンパイル出来るソースコードを貼っていきます。 画像を単色で塗りつぶしてPNGフォーマットでファイルに保存する package main import ( "erro…

続きを読む

Go言語でピクセル補完的なプログラムを書いてみる その4

今回はfill関数です。 ソース全部が載っているPlayGroundはこちらです。 引数で渡されたimgがnilかどうかを調べています。 nilだった場合はerrorsパッケージのNew関数でerrorを作成しています。 引数にエラーメッセージの文字列リテラルを渡して、New関数の返すerrorをそのままreturnしています。 if img == nil { retur…

続きを読む

Qt CreatorでMinGWを使用時のマルチスレッドコンパイルの使用

QT
Qt CreatorでVisual C++を使うときはデフォルトでマルチスレッドコンパイルをしてくれますが、少なくともWindows環境ではMinGWはデフォルトでマルチスレッドコンパイルをしてくれません。 有効にする方法は複数ありますが、自分は以下の方法を使っています。 オプション -> Kits -> MinGWキットを選びます。 そして環境変数に以下のものを設定します。 …

続きを読む

最近のトラックバック